優しい元カレとの復縁について

優しい元カレとの復縁について

 

自分から振っておいて、とてもやさしく接してくれる彼というのは必ずいると思います。ですが、そうだからと言って復縁をしやすい、というわけではありません。

 

多くの方は冷たくされてるのが一般的なケースとしてあります。そして別れた後にも優しくされるということを、羨ましく感じる女性もいるとは思いますが、ここは冷静に考えた方が良いです。

 

優しい彼というのは、あなたに諦めて欲しいのだけど、罪悪感などから冷たい態度を取ることのできない、そんな男性の場合が多いです。

 

せめてあなたが立ち直るまでと思っているのです。なので最初の内は、優しく貴方に接してくれます。

 

ですが、必ずと言っていいほど、時が経つにつれ冷たくなっていきます。中途半端ですよね。
最終的に、キッパリと冷たくなってしまう理由としては、他に好きな人ができた時でしょう。

 

そんな女性ができるまでは、一番大切だった、というあなたに、優しくしていることをしていた彼ですが、他に好きな女性ができてしまったとき、あなたにそそいでいた中途半端な愛すらなくなってしまうのです。

 

中途半端な別れ期間、あなたに期待させていた期間はおわり、弄ぶように上げるだけあなたを上げて、最終的にもっと高い位置から落としてくるのです。

 

そんな彼に縋ってしまうのは当然といってしまえば、そうかもしれません。

 

そして彼は、完璧にあなたから離れていってしまうのです。

 

こんな彼に対しては最初からキッパリと潔く別れた態度を見せるのが一番あなたが辛くない道だと思います。

 

反対に、最初から冷たい彼というのは、あなたに中途半端な期待を持たせて、余計に辛くさせるのは嫌だと思い彼なりの最後の優しさで冷たく接するのです。

 

しかしあなたは気が動転していてそれに気づけずに、彼を責めてしまうかもしれません。

 

どうにか、と彼に縋ってしまうのですが、自分の最後の優しさを何故理解してくれないのだと、彼は本格的にあなたにうんざりして、本気で嫌いになってしまうのです。

 

このように、最初は優しいな、最初から冷たいか、どちらがよくて、どちらが悪いということはありませんし、どちらが復縁しやすいとかもありません。

 

どちらにしても、振られた時点でしつこく縋ることはせずに、潔くそれを認めて距離を取った方が、一番いい方法なのには違いありません。

 

なぜ優しくて、なぜ冷たいのか。それをきちんと見分けることが大切なのです。

 

元カレとのいい思い出や嫌な思い出

 

マイナスな、忘れてしまいたいような辛くて悲しい記憶。
プラスで、何度でも思い返したい、幸せで楽しい記憶。

 

このふたつは、どちらの方が長く、記憶の中に残ると思いますか?
これについてはいろいろ意見があるのですが、個人的には楽しく、幸せな記憶だと思います。

 

ご自身の記憶をたどればわかるかも知れませんが、嫌なことというものは、最近のことでない限り、過去のことは割と忘れているものです。
当時は一生忘れられない、と思っても、本当に時間さえ経ってしまえば、嫌なことというものはある程度忘れてしまうことが出来るのです。

 

逆に、思い出してくすっとできる記憶というのはたくさん、残っているのではないでしょうか?

 

楽しい記憶が多いので、生きていけるのてあって、彼と付き合っていた時の嫌な記憶ばかりだったら、とっくにあなたも彼を吹っ切っているでしょうし、生きていていやになってしまいますよね。

 

つまり、それは彼も一緒なのです。

 

彼の中でも今は、あなたに関する嫌な記憶が巡り巡っていることでしょうが、そのような嫌な感情というのは、長続きしないように人間はできているので、時が経てば嫌な記憶とともにあなたへの嫌悪感は確実に薄れることでしょう。

 

彼の中で、あなたに関する楽しい記憶ばかりが残るという時がやってくる、というのはない話ではありません。

 

かといって、ただ時が経つのを待てばいいのか、といえばそれでは足りません。
彼の記憶が楽しいものに変わっていくように、あなたが何ができたらいいですね。

 

彼があなたを好きになったポイント、そんなあなたの元からあった魅力を、彼にたくさんアピールしてみると、楽しかった時のことをたくさん思い出すことでしょう。

 

そうして、会話の端々に楽しい思い出を連想できるようなものを混ぜてみたり。

 

それだけで、嫌な記憶はどんどんなくなっていき、結果的にあなたに対するマイナスなものがどんどん減っていくのです。
ですが、逆に彼がそのマイナスなものを思い出してしまわないように、注意しましょう。

 

あなたと彼の間には、嫌な思い出ばかりですか?そうではありませんよね。
きっと、嫌な思い出より楽しい思い出の方が確実に多いのではないでしょうか。

 

そんな楽しい思い出を思い出す、幸せだった時を思い出すことが嫌な方はいません。
そうなってしまったら、それは幸せで楽しい思い出ではないですからね。

 

彼に、幸せだった、楽しかった時のことをたくさん思い出してもらいましょう。あなたの今マイナスなイメージを払拭して、プラスにしていくことができるでしょう。

更新履歴
  • LINK1を更新しました